株)プラス・シー お問い合わせ
プラス・シーとは 抗菌作用&悪臭除去 商品案内 会社概要
ご購入・送料についてお支払い・発送について 交換・返品・修理等について特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ
PLUS C(プラス・シー)の抗菌作用&悪臭成分除去
1

独自の製法によりpHを6.5前後に安定させても、
塩素系ガスや塩化水素が発生しません。

2

次亜塩素酸(HCIO)の働きにより、
強力な除菌作用をもたらす領域を100%に近い状態で保有します。

 
次亜塩素酸水の殺菌効果
グラフ
図式のーーーー次亜塩素酸領域の中でも有効塩素存在百分率が100%に近いところが、殺菌効果が高くなります。また、人体への影響を考えるとpH値が中性付近のpH前後のPLUS C(プラス・シー)が安全かつ安心して使用できることがお解り頂けると思います。

3

pHが弱酸性で肌や人体にほとんど影響を与えません。
原液が身体に付着しても化学火傷を起こすことがありません。

4

殺菌効果のスピードは次亜塩素酸ナトリウムの約80倍です。
瞬時に除菌と消臭を行います。

5

遮光下での長期保存・流通が出来ます。(約3ヶ月前後)

6

熱的安定性があります。
(100℃の加熱条件下でも除菌・消臭効果があります)

7

酸性水・電解水・混合水に比べてサビの発生がわずかです。

8

菌・ウィルスのみに即反応し、人畜無害です。


PLUS C(プラス・シー)は優れた除菌効果と高い安全性が実証されています
表
 PLUS C(プラス・シー)はウイルス・菌・アレルゲン等を抑制する性質はありますが、実際の効果を保証するものではありません。

抗菌作用試験結果 1
抗菌作用試験結果 1 表
PLUS C(プラス・シー)濃度50ppm pH=6.4による検査データ
試料液1mlを、PLUS C(プラス・シー)100mlに添加 1分間放置後0.1mlを分種し培養

抗菌作用試験結果 2
抗菌作用試験結果 2 表
PLUS C(プラス・シー)濃度50ppm pH=6.5による検査データ
大腸菌試料液1mlをシャーレに添付後アルコール70%とCELA50ppmを噴霧し24時間培養の結果


PLUS C(プラス・シー)噴霧時間と悪臭成分残留率の関係
抗菌作用試験結果 2 表

大半の臭気の基は空気中の水分に含まれており、グラフに明記したアンモニアや硫化水素、メチルカフタンなどが上げられます。PLUS C(プラス・シー)は、これらの分子と結合し、臭気を分解しながら除菌・消臭を行います。
他の消臭剤の様に香りで消臭するのではないので、加湿器などでの一定時間の噴霧が一層効果的です。


 
ページのトップへ
 Copyright (C) DAICHODENPO CO.,LTD. All rights reserved.